抜毛症 抜毛癖 髪を抜く癖に悩む人のための総合情報サイト

抜毛症支援センター

心理学

音楽で元気を出す方法

更新日:

スポンサーリンク




音楽で元気になる

※クリックすると動画が再生されます。音声が流れますのでご注意ください。

 

この動画に使われている曲は、アンソニーロビンスというNLPや心理学、コーチングの世界ではNo1の実績と認知度のある人が初来日したときにセミナーで使われた音楽です。

何千人が狂ったように踊ってました。

すっごいメンタルがタフでモチベーションが高い人たちばかりです。

体を動かしてアクティブにしていれば、心がしょんぼりとすることはないのです。

笑顔のまま怒ることはできないのと同じですね。

自分が元気がないな、と思ったら音楽を聴いて体を動かしてみましょう。

 

好きな音楽でわかる求めているもの

よく聴く音楽ってあると思います。

クラシックやしっとりとした曲が好きという人もいれば、激しいロックぽい曲が好きという人もいます。

実はよく聴く音楽、聴きたいと思う音楽に、深層心理が隠れています。

 

落ち着いた曲を好んで聴く人は、癒やしを求めています。そのまんまですね。

激しい曲を好んで聴く人は、何かに我慢していたり、開放されたいという願望を持っています。

 

1/fゆらぎ

聴いていて、

「あぁ、この声(曲)なんかいい・・・」

と思うことありませんか?

 

それは、1/fゆらぎといって人にヒーリング効果や快適感を与えるリズムかもしれません。

例えば、小川のせせらぎ音、ろうそくの火、木漏れ日のリズムなんかがそうであるといわれています。

赤ちゃんがお母さんのお腹の中で聴く、心拍音なんかもそうです。

歌手だと、美空ひばりさん、宇多田ヒカルさん、平井堅さんが1/fゆらぎの声をもっているそうです。

「もっとも~っとたけもっと」の竹本ピアノのテーマにも含まれているそうですね。

泣いてる赤ちゃんに聴かせると泣き止むそうです。

 

自律神経を整えるCDもこの効果があるのでしょうか。

 

音楽の力

音楽には不思議な力があります。

悲しいとき

落ち込んだとき

さびしいとき

なんだか音楽を聴きたくなるときってありますね。

それは音楽が心に寄り添ってくれるからだと思います。

 

落ち込んだときは無理に元気をだそうなんて思わずに、自分の気持ちにあった音楽を聴いてみるのもアリだと思います。

とことん落ち込んだらあとは上がるしかないですもんね。







-心理学

Copyright© 抜毛症支援センター , 2017 All Rights Reserved.