抜毛症 抜毛癖 髪を抜く癖に悩む人のための総合情報サイト

抜毛症支援センター

スタイリング剤

ヘアスタイリングと抜毛癖 【実験計画】

更新日:

2014年5月5日

知人の美容師のところで髪をカットしてきました!

私は軽度?の抜毛癖でして、
『抜く』よりも『ちぎる』頻度のほうが多いので、
部分的に短く、枝毛だらけになっています^^;

カットするのに困るだろうな、と思いつつ、
あまりそこの部分には触れられなくないのと、
相手も触れていいものかと気を使っているのがうすうす解りますね。

 

美容院にいった当日は、決まって髪を触りません。

それは、

『散髪するたびに、いや~な感じになるのはこれで最後だ!』

という思いと、

『スタイリング剤でベタベタだからなんか触りたくない』

『せっかくセットした髪型をくずしたくない』

という心理的な思いからです。

スポンサーリンク




そんなことから、

『スタイリング剤をつけているときと、つけいていないとき、抜毛の頻度はどうかわるのだろう?』

と思い立ち、自らを実験台に、ヘアスタイリングと抜毛癖の関係を調べてみようと思い立ちました。

抜毛症の治療には、『記録をつける』ことが大変有効である言われています。
実験記録をつけることで、回復に向かえば一石二丁です。

 

実験内容

ヘアスタイリング剤を付け、抜毛頻度がどのように変化するか記録する

方法

朝起きて、抜毛癖が出る前にヘアスタイリング剤をつける
今回は起床2時間後とした(私は4時半起きなので)

その日の就寝前に、髪を何回抜いたか(ちぎったか)をノートに記録する

計測方法について

髪を何回抜いたか(ちぎる、触るを含む)を計測するのは困難です。
一度抜毛が始まると、何十分も続くため、何をもって「1回」なのかが判断しにくいです。

一日に何十回もしていると、数えることや覚えておくことが困難になり、
計測の正確さが失われます。

また、仕事をしていると、抜毛した本数を数えることも容易ではないため、
どう計測するか?
が悩ましい問題です。

何が正しい計測方法か?はやってみないとわからない、のが正直なところで、
とりあえず、『抜く』、『ちぎる』の行為をしたのを認知したとき、
手帳に『正』の字でカウントしていくことにしました。(5回で正の字になる)

なので手帳とペンはいつも常備することにします。
携帯やスマホで記録できればそちらでもいいと思います。

期間

2週間
2014/5/5~2014/5/19

 

以上の条件でヘアスタイリングと抜毛癖の関係を調べてみたいと思います。

それでは!

 

 

 

 







-スタイリング剤

Copyright© 抜毛症支援センター , 2017 All Rights Reserved.