抜毛症 抜毛癖 髪を抜く癖に悩む人のための総合情報サイト

抜毛症支援センター

対策プラン

抜毛症とストレス たまにはバカになってストレス発散する方法

更新日:

こんにちわ(^◇^)

今回は「バカになってストレス発散」する方法を紹介します。

 

今回の内容は、

  • マジメ
  • 几帳面
  • 責任感が強い
  • 控えめでおとなしい

という方に特に読んでほしい内容です。

 

こういう方たちは、

仕事を頼むとキチッと終わらせてくれて、

ソツがなくて優秀で、

理性がとても強いのが特徴です。

 

スポンサーリンク




理性と本能

反対に、人間以外のほとんどの動物には理性がありません。

お腹がすけばエサを探しに狩りにいくし、

お腹が膨れて眠くなれば寝る。

子孫を残すために誰がみてようと求愛行動をするし、

生きていくために群れになる必要がある。

動物は本能で生きています。

 

しかし、人間社会では本能だけではなりたちません。

お腹がすいても仕事中や授業中に食べることはできないし、

眠たくても寝てしまう訳にはいかない。

見境(みさかい)なく求愛行動をすれば警察に捕まるし、

群がらなくても孤立して生きていくことは出来る。

 

理性というのは本能や人間の生きていくための欲求を抑えるものでもあります。

だから、理性が強すぎると本来の自分を表現できずにストレスがたまる。

たまったストレスもずっと抑え込んでしまって

発散させることをしないといつか爆発します。

 

おとなしい人がキレる、人を刺す

というのは抑えられたストレスや本能が爆発して、理性を吹き飛ばしてしまった状態です。

 

爆発まではしなくても、長い間ストレスをかけ続けた結果、

体にトラブルが発生するのが「心身症」や「精神病」です。

抜毛癖もそのひとつかもしれませんね。

 

私の場合、

1年間に国家資格を4つ取ったりしていたのですが、

毎日朝4時半に起きて会社へいくまで勉強、

昼間は普通にサラリーマンの仕事、

休日の半日は勉強、

そんな生活を1年以上続けていました。

 

仕事や家庭でストレスをため込んでいたのもあり、

気付かないうちにストレスがたまったのがきっかけで抜毛癖になりました。

その後心理学を学んで、ストレス発散は重要だな、と本当に思いました。

 

だからといって

「ストレス発散をしなければいけない

とならないように(*_*;

マジメタイプは「~しなければいけない」と思いがちです。

 

ストレス発散は何でもいいです。

自分がストレス発散できるなーと思うことをやって下さい。

そして、どうせするなら理性を飛ばすぐらい思い切りやって下さい。

 

普段笑わない人は思いっきり笑って、

普段泣かない人は思い切り泣いて、

普段小さな声しか出さない人は思い切り大きな声を出してみて下さい。

 

抑えていた感情がスーッと解けていく感じを味わいましょう(*^_^*)







-対策プラン

Copyright© 抜毛症支援センター , 2017 All Rights Reserved.