抜毛症の子を持つ親へ

こんにちは。

相談の中に、自分ではなく、子どもが抜毛症で困っている、という相談が少なくありません。

抜毛症の辛さは、本人でないとわかりません。

もしかしたら他人から見たら、不快感や嫌悪感を持つかもしれません。

私自身も抜毛症を経験しているので、他人からの視線がかなり気になりました。

もし、周りに不快感や嫌悪感を与えていたのなら、とても悲しいことです。

 

それが、実の子どもだったらどうでしょうか。

他人には言えないことが、自分の子どもには言えてしまうことがあるのではないでしょうか?

 

インターネットのある書き込みサイトには、

親から「気持ち悪い、止めなさい」と言われた、

と書いてありました。

 

経験者だからいいますが、本当に止めれるのなら止めているんですよ。

誰も好きで隠せないほど毛を抜かないです。

心の中では叫んでいるんです。

 

心の声はなかなか届きません。

だけど、声に出して言うには勇気が要ります。

実は、厳しい家庭に育つほど、親に本音で話せなくなります。

声に出して言えないのです。

 

スポンサーリンク

子どもへ伝え方

子どもの本音も聞けない、どうやったら止めさせれるのか解らない、何をどう言っていいのか解らない。

抜毛症の子を持つ親もまた、苦しいのです。

どうしても

「止めなさい」

「我慢しなさい」

「意志が弱いから」

と、相手のせいにして、自分の思いを伝えてしまいます。

 

ですが、あなたも経験があるように、他人から

「~やっておいて」

「~しなさい」

「~すればいいのに」

と言われると気持ちよく受け取りにくいです。

この、言葉の頭に「あなたが」がつく伝え方を

「ユーメッセージ(you massage)」

といいます。

 

ユーメッセージで相手に伝えると、相手は反発するか、嫌々受け入れるでしょう。

子どもは親の言うこと従うように躾(しつけ)られています。

親が「止めなさい!」と強く言えば、

そのときは止めざるを得ないでしょう。

しかし、そこには反発心が伴います。

子どもの中には新しいストレスがたまっていって、症状を悪くする可能性も考えられます。

 

では、どうして伝えればいいでしょうか?

ユーメッセージの反対に、アイメッセージ(I message)があります。

ユーメッセージが相手に、

「(あなたが)~するのをやめなさい」というのに対し、

アイメッセージでは、

「私は○○に思う」という伝え方をします。

 

例えば、子どもがご飯を食べないでいつまでもゲームを止めない場合、

ユーメッセージ
「早く止めなさい!止めないとゲーム捨てるわよ!」

アイメッセージ
「○○がご飯を食べずにゲームをしてると、みんなでご飯が食べられなくて、お母さんつまらないな」

となります。

普段からの子どもへの接し方も重要ですが、

おそらくアイメッセージで伝えると、子どもながらに考えて

「あっ、お母さんみんなでご飯食べたいんだ」

と思い、席につくでしょう。

 

アイメッセージは考える子どもに育てます。

反対にユーメッセージは言われたらやる子どもに育てます。

 

あなたが子どもに伝えるときも、アイメッセージをマスターすれば、スムーズに自分の思いが届けれるようになるでしょう。

アイメッセージはトマス・ゴードン博士の本に詳しく載っています。

親子関係に悩まれているかたも是非、一度読んでみることをおススメします。

ゴードン博士の人間関係をよくする本―自分を活かす相手を活かす